読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てるもの残すもの

物欲のない僕がミニマリストになる!2017年「物を持たない生活」を目指します。いろいろ捨てちゃうけど、大切なものは残していきます。そんな生活の記録です。ミニマリストを目指していますが、捨てるばかりが目的ではありません。捨てながら残しながら、何が自分に大切かを考えてみたりして。

「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌 孤高のリアリズム」

裸Ra


リアリズムとはなんだ?


戸嶋靖昌は問う。


そして「生命の神秘と悲哀」のことだという。


トップ画像の「裸Ra」。


「腐っていく過程こそが肉体。だから愛情がなければそれを見つめることはできない」


戸嶋靖昌はそう言う。


1974年、スペインのバロック画に触発されて、マドリッドに渡る。

宮廷の侍女たち(ベラスケス)



そこでベラスケスに出会い、リアリズムとはなにかを追い求めるようになる。


リアリズムとはなにか?


存在を出現させることがリアリズムであれば、存在とは?


存在とは、生命の神秘であり、生命の悲哀のこと。


いろいろ考えさせられる1時間だった。