捨てるもの残すもの

物欲のない僕がミニマリストになる!2017年「物を持たない生活」を目指します。いろいろ捨てちゃうけど、大切なものは残していきます。そんな生活の記録です。ミニマリストを目指していますが、捨てるばかりが目的ではありません。捨てながら残しながら、何が自分に大切かを考えてみたりして。

「くしゃみ講釈」柳家権太楼


2017年01月08日、日本の話芸は実力派柳家権太楼の「くしゃみ講釈」でした。


柳家の一派はいずれも語り口が滑らかで、表情が豊かで、とても楽しい落語ですね。


特に権太楼さんは、その江戸っ子っぽい性格が語り口に出るところがまた魅力です。


まぁ、柳家三三びいきの私が言うのですから、-90%で聞いてくださいね。

主人公の男は彼女と夜半逢い引き中に、犬の糞を踏んだ講釈師によって逢い引きを台無しにされ、そしてそのことがこじれて彼女から一方的に別れを告げられてしまった。※講釈師の名は上方では後藤一山(ごとう いっさん)、東京では一龍斎貞山の弟子・一龍斎貞能(いちりゅうさい ていのう。「低能」とかけた地口)と設定されている。 兄貴分にこのいきさつを話した主人公は復讐を決意し、「殴り倒してやる」と息巻くが、「もっと良い手がある」と兄貴分はある方法を主人公に指南する。その方法とは講釈場の最前列に陣取り、講釈師が語り始めたら、小さな火鉢(暖を取るために観客に配られている)でコショウの粉をいぶして、その煙を吸わせるというものだった。こうすれば、講釈師はくしゃみに見舞われて、講釈をまともに語れなくなり、困り果ててしまうだろう、というのだ。

感心する男に、兄貴分は夜席に間に合うよう、「今すぐに角の八百屋(東京では乾物屋)でコショウの粉を買ってこい」と指示を出すが、主人公は何を買うのかをすぐに忘れてしまう。兄貴分は、男がのぞきからくり語りの口上を好んでやっていることに目を付け、のぞきからくりの演目『八百屋お七』の登場人物「小姓の吉三(こしょうのきちざ または こしょうのきっさ)」から連想して思い出すよう指南した(上方ではこのあと「八百屋」へ向かうため、連想がより強い)。


さてこの「のぞきからくり」調べてみました。

http://www.nomurakougei.co.jp/displaydesign/history/karakuri.html


舞台の下に穴が開いていて、そこにつけられたレンズを覗くと中の絵が拡大されて見える。講釈師のストーリーに合わせて物語が進むというものだそうです。

戦前まではあちこちあったようですが、いまは見ませんねぇ。


店へ着いた主人公は、注文するものが結局思い出せなかったので、店の前でのぞきからくりの口上を演じてみせる。見物の人だかりがどんどんできる。一段すべて語り切って、何とかコショウを注文できたが、コショウは品切れだった。店主が「唐辛子の粉もくしゃみがよく出る」と言うので、主人公は薦めるめられるままに唐辛子を買った。

夜席の時間になり、主人公と兄貴分は講釈場に入った。例の講釈師が釈台に上がり、『難波戦記』(東京では『三方ヶ原軍記』)を語りはじめる。ふたりは計画通りに唐辛子の粉を火鉢にふりかける。すると、講釈師の語りは、声が上ずったり裏返ったり、同じ個所を行ったり来たりと、メチャクチャになり、とうとうくしゃみが止まらなくなってしまう。 ふたりは講釈師にヤジを浴びせて帰ろうとする。講釈師が男に「何か故障でもおありか(何か文句があるのですか)?」と訊くと、男はすかさず次のように答えた(サゲ)。

「コショウがないから、唐辛子」(wikipedia)


「故障」の意味には「異論」とか「さしさわり」という意味もあるのですね。