読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てるもの残すもの

物欲のない僕がミニマリストになる!2017年「物を持たない生活」を目指します。いろいろ捨てちゃうけど、大切なものは残していきます。そんな生活の記録です。ミニマリストを目指していますが、捨てるばかりが目的ではありません。捨てながら残しながら、何が自分に大切かを考えてみたりして。

小松菜と豚肉と卵の炒めもの

料理30種類に挑戦

f:id:m1000mile:20170307134924j:plain

昼前になって父が、ランチどうする?と言ってきた。

 

料理をしない父は、買いに出かけるのも億劫になったのかな?

 

午後は父も僕も出かける予定があったので、ちゃちゃっとできる料理にしようと思って、いつものcookpad先生に聞いてみた。

 

cookpad.com

 

材料
 
小松菜
1束
きのこ類
すきなだけ
豚切り落とし
100gくらい
2個
しょうゆ、みりん、酒
大さじ1ずつ
小さじ1くらい

 

 

レシピ、ちょっとアバウトでしょ。

 

これくらいが作りやすいんですよ、料理シロウトとしては。

 

小松菜ってなかなか食べづらいので、こうやって料理しちゃうとたくさん食べれていいですよ。

 

小松菜の茎の部分はちょっと湯がいておいて、あとは炒めるだけ。

 

おいしくいただきました。

豚こま切れと春キャベツの甘味噌炒め

料理30種類に挑戦 やりたいこと100

cookpad.com

 

料理素人の私ですので、わざわざ皆さんに見せるほどのものではないのです。

 

忘備録的に記事にします(いいわけ)

 

今年は夕飯料理30種類の新しい料理に挑戦しようと思っています。「やりたいこと100」にも入れてあります。

 

今回の料理は「豚こま切れと春キャベツの甘味噌炒め」です。

cookpad.com

先日クックパッドの話題入りしたレシピです。

 

この日はちょっと疲れ気味だったので、スタミナつく料理を探していたのですが、冷蔵庫のストックと相談した結果このレシピとなりました。

 

材料 (2〜3人前)
 
豚こま切れ肉
250g
春キャベツorキャベツ
1/4個
●味噌(うちは合わせです)
大2
●砂糖
大2
●醤油
大1
●酒
大1
●白ごま
小1
サラダ油
適量
白ごま(仕上げ)
適量
 
 

●の調味料を合わせて、豚こまとキャベツを炒めたあとに絡ませます。

 

簡単でしたし、おいしかったです。

 

レシピには油揚げ入れても美味しいって書いてありました。

 

これはまた作れるぞ!

 

【Libron】図書館蔵書はネットで探してネットで予約【図書館ホームページ】

f:id:m1000mile:20170305082451g:plain

 

今日は、最近図書館に夢中というはなし。

 

ミニマリストを目指すにあたって、家の蔵書というものを処分し始めてきました。

 

人生の最盛期には2,000冊以上の蔵書があった僕ですが、今では本当に手元に置きたい数冊だけ残して、すっきり処分してしまいました。

 

2016年は「本はKindleKoboで読めばいい」と思っていました。

 

しかし電子書籍端末にもやっぱり容量とういものがあって、いっぱいになるとSIMを取り替えたりするわけです。

 

物が増えることには変わりないということに(やっと)気づきまして、2017年は図書館中心の読書生活がはじまっています。

 

幸い地元図書館は通勤経路上にあります。

 

f:id:m1000mile:20170305084138j:plain

返却は閉館後でも「返却ポスト」にできますので、時間を気にせず便利です。

 

借りる時は窓口にいくしかないのですが、借りたい本をネットで予約できるのが便利。

 

 本を読んだり、ブログを読んだり、話題の本の中から、読みたいなぁ~と思ったら、地元の図書館のホームページを開きます。

www.lib.city.katsushika.lg.jp

私は葛飾区なのでこのページです。

 

このページで葛飾区の全図書館の蔵書が探せるので、検索して予約しちゃってます。

f:id:m1000mile:20170305084713j:plain

現在の予約状況はこんな感じ。

 

やっぱり人気のある本は予約順位が遅いのですが、すぐに読みたくなればKindleKoboで買っちゃいます。

 

もちろん買った本は読んだ後に売却します。

 

予約した本が最寄りの図書館に到着すると、メールでお知らせしてくれます。

 

無料で読めるのですから、気になった本をどんどん予約してますが、パラパラめくって返却しちゃうものもあります。

 

葛飾区に蔵書がない場合もありますね。

 

そんなときは、Libronが便利です。

www.libron.net

図書館を登録して、Amazonの購入画面から「買わなくても図書館で予約できるよ」と表示してくれる、まさにミニマリスト向けサービス。

 

私の場合、葛飾区になかった蔵書はこのLibronを使って最寄りの区に蔵書があるか、探しています。

 

物を持たない生活を目指すには、使わないではいられないですね。

いらなくなった服を処分したら、クローゼットの棚も要らなくなったので捨てちゃう話

ミニマリスト 捨てるもの

先日、ブログでも書きましたが、要らなくなった服を処分しました。

 

suterunokosu.hatenadiary.jp

 

じぶんなりにけっこう捨てたので、クローゼットのなかががら~~~んとしました。

 

いろいろ置き場所を変えたり、工夫しているうちに、クローゼットのなかに置いておいた棚(シェルフっていうの?)も要らなくなっちゃいました。

 

ほしい方には無料で差し上げますので、メールまたはコメントしてくださいね。

  • 分解してお渡しします。
  • 組み立てに工具はいっさい使用しません。
  • 総重量は3キロ程度あります。
  • 板1枚に数センチほど消えないこすり傷のようなものがあります。
  • 配送はいたしません。葛飾区に取りに来てください。

 

白木感のある、トップを含めて3段の棚です。

 

全体の大きさは、396 x 526(558) x 458 (単位ミリメートル) です。

 

横526(558)としたのは、棚の柱部分の白い金具が飛び出ているためです。金具まで含めると558ミリです。

中間に仕切りがありますが、上下ともに高さは166ミリです。

 

組み立てる時に工具を使わなかったので、分解するときも簡単でした。

ご希望の方はメールまたはコメントしてください。

たっぷりきのこで豚バラ大根

cookpad.com

豚バラ大根、これ大好きです。

 

これ食べると、冬だなぁという気がします。

 

今年はそれを自分で作ってみましたよ。

 

cookpad.com

レシピはこちらです。

 

材料
 
大根
2/1本
豚バラ
100g
きのこ ブナシメジ
2/1本
えだまめ
10〜15粒
スライス1枚
適量
◯砂糖
大さじ1
◯醤油
大さじ2
大さじ2
◯お酒
大さじ2
小さじ1
かいわれ
必要なら
必要なら
水溶き片栗粉
大さじ1

 

 材料、たくさんありますが、調味料を先に混ぜちゃえば、あとは大きく悩むことはありません。

 

このところオイスターソース使用率が高いのですが、味に重みがあってブレないので、初心者には使いやすい調味料ですね。

2月のまとめ

やりたいこと100 手帳マニア

手帳を購入してからというもの、ペンを持って手で字を書くということがとても多くなりました。

 

手で字を書くということは、体験をするということでそれは脳に刻まれるわけです。

 

デジタルネイティブなみなさんはどうなのかわかりませんが、昭和生まれの私にとってはこれが自然なスタイルですね。

 

書くと同時にいろいな記録をつけるようになりました。

 

suterunokosu.hatenadiary.jp

 

年頭に決めた「やりたいこと100」のうち、毎日繰り返して行くものは表にして見返していくようになりました。

 

こうやって毎日見返すというのは、当然ながら、モチベーション維持にも大事なことです。これからも続けていきたいですね。

【フクサポ】要らなくなった服を着払いで送ったら世界各国で役だってるらしい

ミニマリスト

ミニマリストを目指す宮崎です。

 

ミニマリストへのはじめの一歩は断捨離かもしれません。

 

捨てることに抵抗のある人も少なくないかもしれませんが、

 

1年間使わなかったものは捨てる

 

という原則は、かなり私にピンと来ました。

 

そこで今回は、クローゼットの服をあれこれ引っ張りだして捨てることにしました。

 

捨てるといってもなんとなくもったいない気もするし。

 

ググってみたら

fukusapo.com

というサイトがありました。

 

どんなサイトかと見てみると

フクサポとは

古着のリユース・リサイクル業を運営する株式会社Kurokawaが、皆様から不要な衣料を送って頂き、衣類のリユース・リサイクルとNPO法人テラ・ルネッサンスの支援をするプロジェクトです。
ご家庭で眠っている衣料・クツ・カバン・服飾雑貨をフクサポへ送ることで、その衣料はあなたからの寄付金となり、テラ・ルネッサンスの支援活動に役立てられます。またその衣料を貴重な資源ととらえ、国や地域を越えて有効利用させて頂く活動となっております。

なかなかよさそう。

 

 

ダンボール一個で

などなど

 

に役立ててくれるとのこと。

 

どうせ捨てるなら!ということでこの活動に参加することにしました。

 

ダンボールは自分で用意する

三辺の和が120センチ〜160センチのダンボール箱を自分で用意します。

ダンボールの大きさが120㎝以上~160cmサイズ以内(タテ、ヨコ、高さ3辺の合計)で、出来るだけ沢山の衣料を詰め込んでいただける場合に、送料は着払いで受け付けます。

送料が着払いというのもうれしいですね。

そして、ダンボール箱は佐川急便が家まで引き取りに来てくれます。これもうれしい。

 

できるだけたくさんの衣料を詰め込む

さて、 詰め込む衣類を用意します。

取扱いできる衣料について
まだ着用のできる衣料は全般OKです。春夏・秋冬・季節を問わず受付可能。子供服、スーツなども可能となっております。
またクツ・カバン・アクセサリー・帽子・ネクタイ・ベルト・ショール・マフラー・手袋・ハンカチなどの服飾雑貨も可能となっております。
靴下や下着やタオルは新品(未開封や新品タグ付き)のみ受付可能です。

 

取扱いできない衣料について
・制服や体操服、企業名の入っている作業着
・不衛生な衣料(カビ・虫食い・未洗濯・血液などの付着・大きなシミ汚れなど)
・破損や劣化で商品として使用が出来ないもの
・ぬいぐるみやカーテン・布団などの着用できない布類
・同じ形、同じデザインの衣類が10着以上になる場合※イベント用に作ったTシャツや作業着など(10着以内の場合はOK

衣服だけじゃなくて、アクセサリー、かばん、靴までOKなんですね。

 

というわけで

この1年着なかったり、サイズが合わなくなった服(奥さんのも含む)

 

 

あれやこれやで頂いたハンカチやハンドタオル、風呂敷などなど。

 

 いらなくなったかばんやベルト。

 

これら詰め込んでみました。

 

このダンボール箱がちょうど三辺が120センチなんです。

 

これくらいの量が十分入りますよ。

 

これをしっかり封して。

 

 

さぁ、世界の役にたってらっしゃい!!!!