読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てるもの残すもの

物欲のない僕がミニマリストになる!2017年「物を持たない生活」を目指します。いろいろ捨てちゃうけど、大切なものは残していきます。そんな生活の記録です。ミニマリストを目指していますが、捨てるばかりが目的ではありません。捨てながら残しながら、何が自分に大切かを考えてみたりして。

お肉柔らか♡豚肉のネギ塩

料理30種類に挑戦

 

長ネギが余っちゃってるので、今日はこの料理に挑戦しました。

 

cookpad.com

 

材料 (2人分)
 
豚肉(薄切り・細切れ何でもok)
300g
長ネギ
2/1〜1本
*水
適量
*酒
お水の10/1
大1
大2
鶏ガラスープの素
小1
小3/1〜2/1
こしょう
3振り程
ごま
お好みで

 

  1.  お肉はしゃぶしゃぶしておく。
  2. 長ネギは、粗くみじん切りにしておく。
  3. ごま油で長ネギを炒めて豚肉を投入。
  4. 調味料を入れてできあがり。

調味料がとてもタンパクで、塩味メインです。味が足りないと思った方は醤油を垂らしてもいいですね。

 

ホコリの量は家財の数と表面積に比例する

ミニマリスト 捨てるもの

 

 

navygrapewalk.hatenablog.jp

 

guriguraさんのブログを読んでいたんだけど、ガツンと来た一文があったよ。

 

ホコリの量は家財の数と表面積に比例する

まさにそうだ。

続きを読む

漁港の肉子ちゃん(西加奈子)

100冊読書

 

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

 

 率直なところ、読んでがっかりした。

 

読んで、というか途中で読むのをやめてしまった。

 

これで直木賞作家なのか。。。

 

西加奈子はこの作品でなにを書こうとしているのだろうか?

 

肉子ちゃんの生態がことごとく言葉で説明されてしまい、なにやら肉子ちゃんの解説本を読んでいるかのようだった。

 

ざんねんだ。

「限りなく少なく」豊かに生きる(ドミニック・ローホー)

100冊読書

 

「限りなく少なく」豊かに生きる

「限りなく少なく」豊かに生きる

 

 ローホーさんの主張は明快だ。

  • まず自分との約束をし、それを守る。
  • まめに動く。
  • 時間を豊かに使う。

怠け者の私にはどれも難しいものばかり。

suterunokosu.hatenadiary.jp

 

ことしのはじめに「これは実現するぞ!」と決めた自分との約束。

 

スポーツクラブに通うぞ!というのすら、なかなか守れないもの。

 

自分に厳しく!ともローホーさんは書かれています。

 

決めたことをマメにこなしていく。

 

それこそがシンプルな人生なのですね。

 

LimeLight(鹿児島天文館)

南九州

この日は雨だったのですが、天文館商店街のほとんどにアーケードがありますので、散歩にはちょうどいいです。

 

歩き疲れたのでちょっとお茶でもと思って入ったのが、このLimeLight。

外観からして雰囲気がありますね。

 

コーヒー専門店でした。

 

コーヒーも豆で選べたり、煎り方も選べます。

 

今回は、深煎りのノアールをお願いしました。

 

一口ごとに広がるコクと苦味。

 

とってもおいしいコーヒーでした。

 お店の雰囲気も、静かに深く沈み込むような重みのある空間。

 

こういうお店がいつまでも残ってくれるといいですね。

関連ランキング:喫茶店 | 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅

ライムライト喫茶店 / 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅
昼総合点★★★★ 4.7

鹿児島 食の頂点『華蓮』 (鹿児島 山之口町)

南九州

今回の熊本・鹿児島旅行の最後の食事は、言うまでもなく華蓮です。
鹿児島の繁華街天文館から少し外れた山之口町にある華蓮は、鹿児島県経済連が経営するレストランです。
 

 
ここで頼むものは決まっているのです。
 
黒牛と黒豚のしゃぶしゃぶセットです。
 

鹿児島農協から提供される、新鮮でみずみずしい野菜。

 

 そして、黒豚と黒牛のセットです。これは二人前です。
 
どれも口の中で溶けていくような食材ばかりです。
 

このセットで一人前3,000円。コスパも最高です。

 

鹿児島に来たら食べずに入られません。

 

あ、東京や大阪、福岡でも食べれますよ。

 

【華蓮】-JA鹿児島県経済連直営の鹿児島黒牛・黒豚料理のお店-

 

ぜひお試しください。

 

関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 高見馬場駅甲東中学校前駅天文館通駅

 

華蓮しゃぶしゃぶ / 高見馬場駅甲東中学校前駅天文館通駅
昼総合点★★★★ 4.8

肥薩おれんじ鉄道の旅『スーパーおれんじ1号』(熊本駅→出水→鹿児島中央駅)

南九州

熊本駅から鹿児島中央駅に移動します。

 

九州新幹線ができてからというもの、1時間とかからず移動できる距離となりました。

 

しかしせっかくの九州旅行、のぉんびりゆっくり移動しようと思いまして。

 

今回はローカル線に乗って移動してみることにしました。

 

www.hs-orange.com

肥薩おれんじ鉄道は、九州新幹線の開通を期に第三セクターに移管された八代ー川内を結ぶ路線です。

 

f:id:m1000mile:20170322155432j:plain

 

移動スケジュールはこんなかんじ。

 

時刻表ではわからなかったのですが、熊本駅から川内まで同じ車両で乗り換えることなく行くことができました。

 

切符は使用する鉄道路線の関係から、川内で二枚にわけられていました。

 

熊本駅は新幹線ができてから、すっかりローカル線ホームに人の気配がなくなってしまいました。

熊本駅から乗るスーパーおれんじ1号のホームで電車を待っていたのは私達を含めて6名だけ。

 

のんびり列車です。

f:id:m1000mile:20170322161426j:plain

 

スーパーおれんじ1号は快速電車です。

 

 

スーパーおれんじとしては出水まで快速、その先は普通電車として川内まで運行します。

 

熊本駅から八代まではノンストップ。30分ぐらいで到着します。

 

八代から出水までも上記地図のうち4,5駅のみ停車します。

 

途中、海岸線すれすれを通ります。

 

まるで海の上を走っているかのような錯覚を覚えます。

 

天気がイマイチなのが残念ですが、海抜すれすれを走る列車はスリルもあり、これが青空のもとだったら、遠くに見える天草の島々もきれいに眺められたことでしょう。

 

列車も「ここが写真スポット!」とばかりにスピードを落としてくれます。

 

快速運転の最後の駅出水では、名物のツルがお出迎え。

 

出水の駅から各駅で川内まで向かい、川内では鹿児島本線に乗り換えます。

 

不思議なもので、鹿児島本線に乗り換えるや、乗降客が格段に増えます。

 

収益を考えるからこそJRから外して第三セクターなのでしょうけれども、地域の足としてのあり方を少し考えさせられた旅でした。